2015年9月29日火曜日

シルバーウイーク


ご無沙汰しています。大型連休(シルバーウイーク,SW))も終わり、皆様は働きモードに切り替えられているでしょうか。私はSWの余韻が残っていてまだ休みムードです。といっても海外旅行ではなく、能登半島でのサイクリングでした。
今年のロードバイクでのロングライド、100キロメーター以上のコースをのんびり走るイベントですが、参加としは4つめでした。これまでは5月6月は丹後半島と奈良盆地周囲、9月は城崎温泉から但馬地区を回る山岳(?)コースで、実は丹後半島以外は途中棄権に終わっています。今回の能登で何とか完走率5割に戻したいところでした。
ツール・ド・のと400は能登半島を3日かけて400キロメーターを走破するもので、もう27回目で、今年は北陸新幹線金沢開業記念ということで21,22,23日に開催されました。金沢大学の先生や関西の心臓外科の自転車野郎が10人程集まっての参加で、3日間ではなく中日(22日)だけ参加出来る1日コースでした。それも160キロもある長丁場で、輪島から北側の岬を越えて東海岸を下り、桜峠というきつい登りを終えて、空港の横から穴吹におりてきて、最後は能登島の公園がゴールです。途中に休憩所と昼食がもらえるところもありますが、3箇所のチェックポイントは時間制限があり、8時前に出て18時にはゴールしないといけません。落後したら自衛隊の黒い装甲車みたいなものに積まれて帰るというものです。
前夜は和倉温泉で軽く宴会、早朝に輪島までバスで自転車とともに運んでもらっての8時前のスタート。坂はとにかくゆっくりゆっくりと登って、景色も少しは楽しみながら何とか時間ぎりぎりでゴール。完走率5部に戻しました。天気が素晴らしく、風もなく、最高のサイクリング日和でした。途中の景色もあまり余裕はなかったですが、要所はチェック。これまで淡路島の一周イベントも参加していますが、それより10何キロも長く、坂も結構あって、最後の15キロほどはアップダウンもあって、ほんときつかったです。でも完走できて、帰る前に温泉に入って満足、というところです。
3日間コースの参加が300人位で、一日コースは150人弱でした。こちらは1日コース(一番長くて坂もきついのです)で顎が上がっているのに、皆さん3日間、400キロもよくやる、と関心です。能登半島は、NHKの朝ドラ、まれ、の終盤ということで盛り上がっていました。主題歌がスタートとゴールで鳴っていました。高速道路も整備され、街もきれいで、快晴に恵まれたこともあって、すっかり能登が好きになりました。といっても来年400キロを走る積もりはないです。後は、10月の淡路島が今年の最終です。