2016年2月26日金曜日

小児からの臓器提供

昨日から6歳未満の子供さんの脳死での臓器提供が報じられています。6歳未満では5例目ということですが、インフルエンザ脳症から脳死になった子供さんでした。今大流行しているインフルエンザでもあり、この病気からの臓器提供は初めてということでニュースになっています。大事なのは、ご両親が娘さんの脳死を受け入れ臓器提供に至った心の悩みというか苦しみの言葉を公表されたことです。そこには子供さんに話しかけるというスタイルで書かれていて読む人の心を打ちます。6歳未満の最初の提供の富山地方のご両親の方もその気持ちを公表されていますが、こういうご家族の臓器提供にかけたお気持ちは社会が理解し共有して欲しいしと思いますし、今回のようにメディアが取り上げる姿勢も大事でしょう。また、その陰には臓器移植ネットワークの方々の苦労と配慮があったことも知るべきでしょう。そしてこういう臓器移植での現場からの貴重なメセージをひと時のニュースや移植領域で紹介するだけでなく、広く社会が共有していくために、小学校や中学校の教科書に是非掲載して欲しいと思います。
今回、心臓は医学的理由で提供されませんでしたが、肝臓と肺は子供さんに移植されました。その子供さんのご家族もそうですが提供のご家族の許可も出れば、移植を受けられた子供さんが退院するときは、病院のチームの顔だけではなく、是非とも元気になった子供さんの姿を、後ろ姿ではなく、見せて頂きたく思います。このテーマは以前にも書かせてもらっていましたが、双方のご家族の意思が尊重され優先されることであります。この前のように行政側がとやかく言うことはないようにして頂きたいと思います。また、提供のご家族の気持ちを大事にし、そして移植を受けた子供さんを温かく見守る、というスタンスを社会もメディア側もとって欲しいと思います。基本は、そっとしておいて下さい、という富山でのご両親のお気持ちが全てですが、元気になった子供さんの姿を社会が知ることで臓器提供が広まれば、皆さんが納得する話しではないでしょうか。
以下、新聞等で紹介されている文章を紹介します。

Aちゃんが体調を崩してからお父さんとお母さん辛くてね。毎日毎日神様にお願いしました。目に見える物全てに、お山に行ってお願いして、川が見えればお願いして、海に向かっても…いろいろ神社なんかも夜中に行ってお願いしました。最後には落ちている石ころさんたちにもお願いしたんだよ。でもね、どうしてもAちゃんとお父さんを入れ替えることはできないんだって。もう目を覚ますことはできないんだって。もう長くは一緒にいられないんだって。お父さんとお母さんは辛くて辛くて、寂しくて寂しくて泣いてばかりいたけれど、そんな時に先生からの説明でAちゃんが今のお父さんやお母さんみたいに涙にくれて生きる希望を失っている人の、臓器提供を受けなければ生きていけない人の希望になれることを知りました。
  どうだろう?Aちゃんはどう思う?いやかな?お父さんやお母さんは悩んだ末、Aちゃんの臓器を困っている人に提供することを決めました。もしいやだったらゴメンね。お父さんもお母さんも臓器を必要としている人がたくさんいて、その人を見守る人たちがどんなにか辛く苦しい思いをしているか知っています。もしその人たちにAちゃんが役に立てるなら、それは素晴らしいことだと思ったんだよ。一人でも人の命を救う。心を救う。ってすごく難しいことでお父さんもできるかわからない。だけど、とても素晴らしく、尊いことなんだよ。もしAちゃんが人を救うことができたり、その周りの皆さんの希望になれるとしたら、そんなにも素晴らしいことはないと思ったの。こんなにも誇らしいことはないと思ったの。Aちゃんが生きた証じゃないかって思ったの。今のお父さん、お母さんみたいに苦しんでいる人が一人でも笑顔になってくれればどんなに素晴らしいだろうと思ったの。そして、その笑顔はお父さんやお母さんの生きる勇気にもなるんだよ。
   いつも周りのみんなを笑顔にしてくれたAちゃんだから、きっとまた世界の笑顔を増やしてくれるよね?命は繋ぐもの。お父さんとお母さんがAちゃんに繋いだようにAちゃんも困っている人に命をつないでくれるかな?願わくば、お父さんとお母さんがAちゃんにそうしたように、AちゃんもAちゃんが繋いだその命にありったけの愛を天国から注いでくれると嬉しいな。                    お父さんより

 
        お母さんをもう一度抱きしめてそして笑顔を見せて             お母さんより