2016年7月30日土曜日

新専門医制度、先送り決まる


   暑中お見舞い申しあげます。 皆様如何お過ごしですか。7月も何とか複数の投稿となりました。なお、前回の薬剤師さん関係の投稿には、日本在宅薬学会の皆様から沢山アクセスがあったようで感謝です。

 新しい制度の開始は294月開始へと当初予定から1年先送りとすることが、リセットされた専門医制度理事会で決まり、公表された。日本外科学会の専門医制度関連の協議会でもこれが了承され、28年度はこれまでの制度で継続することも了承された。1階部分の専門分野(学会)の対応は基本的にはこれに従うが、これまで精力的に準備してきた学会はある意味前倒し的な移行も考えているようで、そこも今後の混乱の種になるのではないか。

新たな機構への出直しの実態が機構の社員総会議事録や新たな理事メンバーを見ると分かってくる。前にも書いたが、この制度改革はあくまで我が国の医師の卒後3年目から生涯教育の基本作りであり、質の担保と標準化であって地域医療や診療科偏在云々は二次的なものである。しかし、県知事や厚労大臣まで出て来るに至って、またこれまで傍観的であった日本医師会が中核的に乗り込んできてしまったのは何故か。本来求めてきた医師の質の担保と専門教育の仕組みを生涯教育の中できちんと制度化し、グルーバルな視点での我が国の医療の向上を図ったものが、一部の地区であろうが地域の自治体病院や中核病院の医師の不足に拍車をかけるという喧伝に惑わされたものと理解している。

私もかって新制度改革でもって診療科偏在や地域医療崩壊の是正を、と書いたことがある。これは何も行政に尻尾を振ったものではなく、医師のプロフェッションが何もしないで漫然としていたらそのうち地域医療を崩壊させたのは医師集団だと、社会からのバッシングが来ることを考えろ、という趣旨である。お上から指図される前に自分達が先取りしないと、ということであったが、杞憂は現実となったようで大変残念である。

正直なところ、新制度実施に向けた第一次機構理事会(今回解散したもの)の問題もあるが、広報と説明不足があったとはいえここまでひどい結果になったのは、根幹にある専門医制度改革理念と各医学系学会の思惑(立場、学会会員確保)の違いと共に、我が国特有の大学医局制度、大学院制度と関連病院人事、とこの制度改革とのミスマッチであろう。このところを正面切ってではなく、何とか柔軟に双方のメンツも保って、という思惑が瓦解してしまったともいえる。実際、新たな機構理事会メンバーを見ても誰しも驚くことは、アドバイザー的な役割を果たすべき人が理事になっている訳で、これまで積み上げてきたところを1年で軌道修正するには実務者的な人がいるのではないか。再任が二人だけというのでは卓袱台をひっくり返したに等しいのではないか。新理事会はまさに船頭多くして船山に上る、ということになるのではないか危惧するが、これまで理事として頑張ってきた方が新理事長であることが唯一の救いではないか。

というわけで、新たな機構の船出に対して厳しいコメントではあるが、こういう意見が既に出ていることは関係者の周知のことであり、後付けながら書かせてもらった次第です。

大変暑い日が続いていますが、皆様熱中症にはくれぐれもご注意を。と言ってもこれは自分へのことでしょう。

追記 日本外科学会の会員へのお知らせを掲載します。来年4月から後期研修を外科で開始しようとする人への案内ですが、旧制度で行うので問題ないとされています。 一方、新たな制度でのプログラムとして学会が認めた188についても見切り発車を認めています。来年開始の研修医はある意味ダブルスタンダードでトレーニングが進むわけです。この188プログラムは新機構での承認がまだ出来ていない訳ですが、それを仮発進させるということは、地域医療が混乱すると社会的問題化している中で、自分たちは何ら反省というか振り返りがないのはどうかと思います。外科希望者を大事にするということですが、自分たちを大事にすること、自己組織温存、という考えが気になります。